ロゴ
HOME>Column>腸が生き生きしてくる!グアーガム分解物を効率よく摂取しよう

腸が生き生きしてくる!グアーガム分解物を効率よく摂取しよう

栄養剤

グアーガム分解物とは何か

インド・パキスタンを原産とするマメ科の植物であるグアー豆は、子葉部を粉砕するとグアーガムと呼ばれる水溶性で高粘度となる物質が得られます。これを更に酵素処理して、粘度が出ないように分解したものがグアーガム分解物です。グアーガムが高粘性を示すのは水溶性食物繊維としての性質があり、僅かな量で多量の水分を取り込んでゲル状になる為です。これを利用した食品添加物への応用が期待出来る一方で、食物繊維の補給目的では強い粘性が邪魔になって纏まった量の摂取は難しいという側面があります。粘度が強過ぎる故に、多量に摂取すると消化器官内に滞留してしまう心配もあります。そこで食物繊維としての性質は維持しつつ、粘性だけを取り去る事によって様々な分野への応用を模索出来るようになったものが、グアーガム分解物という訳です。

女性

グアーガム分解物によって得られる効果

グアーガム分解物は経口摂取すると、身体に幾つかの効果的な作用を齎す可能性が指摘されます。グアーガムを摂取した時と基本的には同等で、以下のような内容が期待されます。まず食物繊維が共通に持つ性質として、便のかさ増しや腸内の老廃物排出に繋がる作用が考えられます。特に便秘解消に向けて、この性質は効果的に発揮されます。また水溶性食物繊維には腸内で酪酸の生成材料になるという働きがありますが、グアーガム分解物は他のものよりもその量を多く生成する事が指摘されています。これにより、腸内環境の安定化にも繋がるとされます。更にグアーガム分解物においては、食後の血糖のピーク値を抑える働きがある事が指摘されています。高血糖症状の改善や、後天的な糖尿病の予防効果をも見込む事が出来ます。